FC2ブログ

脅威のLAX(>_<)③

さぁ!第7ターミナル前に無地到着した私。
ちょっと時間が押してるので小走りでターミナルに入りました。
「あれ?国際線乗り継ぎカウンターっぽいのないぞ?」と思いつつ、
ユナイテッドの制服姿の私くらいのおばさんにチケットを見せると
チラッと時計を見て
直ぐに隣のパソコンのところに行き
搭乗ゲート入りのチケットと交換してくれました。
そして指差して「Go~!」・・・
良かった間に合いそう~。と思って歩き始めると
警備のおじさんが、首でそっちじゃないという仕草。
慌ててエスカレーターで2階に。
するとそこはもう出国手続きの場所でした。
前に一人おじいさんが並んでいただけ。
よたよた手続きをする間待って、私の番になると
後ろに人がいないもんだから係官たら
「おぉ、名前は・・・○○、○○だね?」
「イエス!私は○○、○○よ」
「どれくらい滞在したの?」
「3週間、息子のいるフェニックスにいたんです」
「へぇ・・・!」
「・・・・で・・・だったのよ」
「そう?それはご苦労さま!」と
片手を挙げて待ってます、つまりハイタッチしようというのです。
「おぉ~!センキュー!グッバイ!とても楽しかったわ、アメリカ!」
「それは良かった、いい旅をね」
「ありがと!」と審査を終えてセキュリティ検査に進むと
え?私一人?
前の”のたのた”おじいさんでさえいなくなってます。
のんびり喋ってたからだな・・(^^ゞ
係官が20人くらい監視しています、手持ちぶさたに・・・・(>_<)
ちょっと恥ずかしかったけど、極めて和やかな雰囲気の中
手荷物を受け取って搭乗ゲートの方へ。
行きかけた時、何人かが手を振ってくれました。
「バイっ!」と言って。
入国の時のデンバー空港の厳しい雰囲気とは大違いです。
デンバーではピリピリしてましたから・・・
係官はニコリともせず、厳しい顔で、私も成田で買った口紅を出させられてチェックされました。
アメリカは出ていく者には寛大なのかな?

こうして無事飛行機の出発ゲート72番ゲート(結構遠かった)までたどり着き
時計を見ると(腕時計はフェニックス時間なので時差マイナス1時間)
登場時間まで15分でした。
バス乗り場でウロウロしてたら、危なかった・・・・
でも事態に結構慣れたのか、飛行機に乗るとトイレに行くのも大変かもしれないかと
トイレに行ってから余裕綽綽で72番ゲートに戻ったのでした。
1206.jpg

成田行きユナイテッド機は、ほとんどアメリカ人でしたが
中国系の方も結構いました。
ロスアンゼルスで楽しんだ様子でした。
一昔前の日本の農協の団体さんという雰囲気の方がたくさんいました。

フライト予定時間は約11時間くらいかなぁ~・・
1220.jpg

あんまり寝なかったけど、それほど退屈もしませんでした。
映画見たり、体操したりしてたから・・・・

1223.jpg
ユナイテッドは外国人の体に合わせてるのか
ちょっとゆったりとして、窮屈ではありませんでした。
まずまず快適な旅だったんではないかと思います。
機内で出される飲み物では、美味しいからもっぱらオレンジジュース。
甘くて濃厚ですごく美味しかった・・・ヽ(´▽`)/

そして予定よりずいぶん早く成田に到着。
4時の予定が2時半くらいには着いちゃいました。
どこまで行っても時間が予定通りではないユナイテッドです。

フェニックスで預けたスーツケースと成田で再会。
1226.jpg

これで先に書いた記事につながるわけです。

  「アメリカの思い出」記事つづく


脅威のLAX(>_<)1②

さて、ロサンゼルス空港に到着しました。
ところがこのUSエアウェイズの飛行機の通路が狭く出口がひとつと来たもんだから
飛行機の後部の方に乗っていた私
いつになっても降りられず
ずいぶん長いこと乗っていました。

やっと降りて、「さぁバスに乗ってターミナル7を目指せ」と思ったけど
もうどっちに行ったらいいかわかりません。
息子は「人の後についてけ」と言ってたけど
みんなもうどこに行ったかわかりません、四方八方へ散って行っちゃったもん。
しようがないから一応、外っぽい方面へ行き
警備していた婦警さんに聞いてみました。

 私   「私、第7ターミナルへ行きたいんですけど・・・」
 婦警さん「オゥ!それならそこを降りて、外に出たら右よ!}
 私   「ありがとう!」
 婦警さん「どういたしまして!」

階段を下りて外に出るけど「どこだ?乗り場は?」
リュック背負った若い男の子がいたので
 私   「私、第7ターミナルに行きたいんだけど
      ここでいいの?」
 男の子 「多分・・僕もよくわからないんだ・・・」
とそこへ日本人らしき女性がやってきて
    (やけに軽装で小さなポシェットぶら下げてるだけ)
 奥さん 「私、この空港初めてなんだけど
      バス乗り場ってここ?」
 私   「さぁ?私も第7ターミナルへ行きたいんですけど
      わかんないんです。」
 奥さん 「え!ここって第7なんてあったかしら?
      戻ってユナイテッドに聞いたみたほうがいいわよ!」
 私   「いえ、第7は確かなんです」(ネットで見たもん)
そこへシャトルバスっぽいのがやって来る・・・
奥さん、勢いよく(すごく元気のいい人なのだ)乗り込み(向こうに住んでるらしい)
 奥さん 「私、第4ターミナルに行きたいんだけど、
      ここでいいの?
      彼女(私を指差し)は第7なんだけどここでいい?」
 運転手 「これは何やらかにやらだから
      次にくるAと書いてあるバスに乗って・・」
 奥さん 「オッケー!センキュー」
一同(といっても3人だけど)どやどやと降りて、次のバスを待つ。
 奥さん 「あ!来たわ」
見るとAと書かれたバスが止まりました。
 一同  「良かったぁ~」(特に私、時間がないので)
一同どやどやと乗り込む。
見ると優先座席に奥さんが先に座ってる。
 私   「あっ!優先座席だった!」
 奥さん 「いいのよ、空いてんだから」
私と男の子は奥へ移動。
バスは、確かにターミナル1から2→3へと走り出しました。        
1198.jpg
     
その間、男の子とおしゃべりしました。
 私   「私は日本に帰るところなんだけどあなたは?」
 男の子 「僕はアメリカを旅行してるんです」
  ・・・  ・・・  ・・・イロイロ話す。・・・
 私   「あ!第4ターミナルだわ」
奥さんと男の子、急いで下車。
 私   「ありがとうございました~!」と叫び
二人は振り返り、三人で手を振って別れる。
お互い「いい旅を!」と叫んで・・・・

1193.jpg

さぁ一人になりました、バスは第5ターミナルへ・・
中国人らしきご夫婦が乗り込んできて、第6ターミナルで降りていきました。
こちらも不安そう・・・・
1196.jpg

結局第7ターミナルへ行ったのは私一人じゃん!
不安になるような第7ターミナルの入り口でした、
人けがないんだもの。(>_<)

     つづく
眠い・・・・・・

脅威のLAX(>_<)1①

急速に現実生活に戻りつつあり
アリゾナ暮らしは既に過去のものとなりつつあるので
急いでサクサクとアップしていきたいと思っています。
ちょっとお付き合いくださいね(^_-)-☆



嫌~な予感はしてたんだ(>_<)
LAXつまりロスアンゼルス国際空港・・・
ちなみにLAXはロスアンゼルス国際空港の空港コードで、成田国際空港はNRT。
北京首都国際空港はPKNです。

息子が手配してくれたチケットはフェニックスからロス経由成田、そして新潟でした。
利用する航空会社はフェニックスから成田までいずれもユナイテッド航空。
シメた!
おんなじ航空会社じゃん!良かった~!とタカをくくっていたのです。
というのはLAXで乗り継がなくてはならないから。
情報によればLAXはとても広い、世界に名だたる巨大空港と聞いていて
ターミナルが9つもあるという・・・・
歩いて移動するレベルではないそうだ。

でも6・7・8ターミナルはユナイテッド航空のみの専用ターミナル。
ということは国内線から国際線出発への移動もせいぜい隣のターミナルじゃない?
歩けないことはないでしょう!きっと・・・と思っていたのですが・・・
前の晩、息子曰く
 「お母さん、移動はやっぱりバスに乗ってもらわないと・・・」
 「エェぇぇえ~!うそぉ~!何で?」

訳はフェニックスからロスまでは提携してるUSエアウェイで移動なんだって!
従って到着は第1ターミナル。
ユナイテッドの国際線出発の第7ターミナルは真反対なのです。
「ヤダ!」と言ったって無理です。
フェニックスからロスに着いたら
バスに乗って、
真反対のターミナルまで移動して、
出国手続きをとって、
成田行きに乗らねばなりません。
あぁぁ!書くだけで疲れた(>_<)
ここで一休み・・・・・

<フェニックス空港>
1184.jpg

   1190.jpg

1187.jpg
朝焼けの美しい空港です。
サボテンの街ともお別れです。

遅れること必至のユナイテッドですが
何とか15分遅れでロスに向かって出発~!
  *遅れると困るのは、ロスで乗り継ぎの時間も
   成田から新潟行の出発までもそんなに時間がないからなんです。
   乗り遅れたら成田で宿泊なんてことも・・
   ないとは思うけどね。
無事ちょっと遅れでロスアンゼルス国際空港に到着で~す!
1203.jpg
さぁ!出発のターミナルまで移動です!
できるでしょうかぁ?

              つづく

夕日

昨日、約10時間のフライトを終え
成田空港に到着し、荷物をバゲージクレームで受け取ると
国内線チェックインカウンターに再度預け
やれやれ「着いた!着いた!日本についた♪」

早速、家に電話をするも、留守(´・_・`)
夫と娘にメールをするもナシのつぶて
電話をしてみても、無反応(>_<)

ま、この時間だしなぁ~と思いつつも
長い時間を飛行機の中で過ごし、やっと到着したのに・・と思うと
何だか拍子抜け・・・
仕方ないので、国内線の搭乗時間まで屋上の展望台で
クールダウンしました。
かれこれ1時間はいたかなぁ~!
声を聞きたくなった友達の声を聞いて
元気も出て、飛行機の発着を何機見ただろう・・・・・・・・・・
1228.jpg

1232.jpg

その内、急に夕日が落ちてきて
素晴らしい明るさになりました。
成田空港で見る夕日です。
1234.jpg
落ちていく夕日を見て、ぼう~としてたら
急に気がつきました。
「そうだ!これっておんなじじゃない?」

あのアリゾナで見た夕日
1154_201401242307199b0.jpg

サボテン植物園で見た夕日と。
816_201401242308399eb.jpg

    912.jpg

同じ太陽を、一日のうちに
何千キロも離れた場所で見るっというその感覚!
そうだわ~・・・太陽は全く変わらず輝き続けてきたんだねぇ~・・・・

ベンチにずっと座ってその太陽を見ていたら
いろんなことを思い出しました。

スーパーのおじさん、今日も袋に入れてくれてるだろうなぁ。
刺青お兄さんは、どうしてるかなぁ~。

ロサンゼルス空港で道を聞いた時
私が教えてもらった通り階段を下りると
にっこり上から手を振ってくれた黒人の婦警さん。
写真を撮った後、おしゃべりした成田空港の千葉県警のおまわりさん。
みんな優しかったなぁ~・・・
それぞれみんな、全く違う場所で、今日もおそらく明日も
ずっと真面目に優しく頑張って生きてくだろうな・・・多分。

私はいつも同じように輝いている太陽と一緒に
地球の上からそれを見たような気がしました。
それぞれの方々はお互いには絶対会うことはないでしょうけどね。

こうしてみると、身の回りの小さなことや
日頃のごくごくささやかな人間関係・・・
そ~んなものは、どってことのないものなんだなぁと思いました。
些細なことだし、こだわることなんてない事なんだ。
世界は広い!、
ただ人のあり様は同じ。優しい心は国も人種も関係なし。
言葉も関係なし。
優しい心はどこでも強い。

息子が買ってくれるといったブランド物のバッグや靴や洋服
それより何より、こう思えたことが何よりのプレゼントだし
お土産になったと思います。

いい旅だった・・・
いい人にたくさん出会えた旅だった・・・・

                      つづく
眠い・・(^-^)


後始末

時差ぼけも吹っ飛ばす勢いで
アメリカに行く前と同じ5時に起きて
後片付けしています。
疲れてはいるけど、これ終わったら、これ終わったらと言ってるうちに
既にもう午後ですねぇ~・・
8時間動き続けてるなぁ~・・・

昨日も息子の家を出た時間から、こっちの家に着いた時間までみると
20時間かかっていました。
遠いんだなぁ~と今更ながらに思う。


結構あるんですよ、片付けが。
自分の使い慣れたアメニティを所定の所へ戻したり
常備薬を戻したり
洗濯したり、スーツケース片付けたり。
IMG_8214.jpg
洗濯も自分のものは向こうで済ませてきたけど
もう一度洗い直したり、留守部隊の寝巻きやバスタオルを洗ったり。
ダイレクトメールや案内のハガキ、引き落としの明細等
見て処理する書類系もたくさん(>_<)
IMG_8215.jpg

お昼は昨日ユナイテッドでもらったサンドイッチ。
IMG_8216.jpg

もうちょっと片付けたら
少し休もうかなぁ~・・・




<行く前>
  不安そう・・・
  IMG_8121.jpg


<昨日、迎えに来てもらって>
   同じ新潟空港で・・
   IMG_8212.jpg
  

たった3週間だけど、私の中に残ったものは結構多いし
これから消えることはないだろうと思います。

プロフィール

クコナツ

Author:クコナツ
新潟市在住 主婦
夫との2人暮らし
10年前、近郊にぼろいセカンドハウスを買い、週末は夫と共にその整備をしています。
趣味=テニス・家事・園芸
2009/12/10上腕部を骨折した事をきっかけにブログを始めました。
骨折は治りましたが、あたふた暮らしています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

道のり

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも一覧


自然治療法医の子育て 思わずにっこり!パラダイス日記

姫っちのお庭

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード