FC2ブログ

ガッテン!

マラソンの小出監督が亡くなり、つけたテレビでは
その話題で持ちきりでした。
わざわざ、見るほどのこともなく、家事をしながら聞いていたら
弟子の有森裕子さんがインタビューに答えていて

教えで心に残っている言葉として
こんなことを言った。

故障すると『有森、なんで?と思うな。せっかく、と思え』と。
意味のないことなんて、なにもないんだと。
どんなことが起きても『せっかく』と思えたから、どれだけ故障しても立ち向かえた。
ちゃんと向き合ってくれたことに感謝しかありません。


これを聞いたとき  ん?と思いました。

あれ?意味わかんない・・・・

「せっかく」という言葉ってそういう意味もあったの?と
そう感じさせるような話の流れだったから・・・・
私、まだまだ意味のわからないことがいっぱいあるなぁと思ったのでした。
そして「あとで調べてみようっと」と思ってほっといたのですが
昨日寝しなに、調べてみてなんとなく自分なりにガッテンしました。

そもそも「せっかく」って、普段私が使う時には
「せっかく来てくださったのに、留守にしてごめんね」とか
「せっかくのものだもの、さっさと頂きましょう」なんて使っていて
「意味のないことなんて何もない」という言葉には繋がらなかったのです。

調べていて小出監督は
「せっかく故障したんだから・・」と考えろと言い、物事に意味のないものはないと続けたのだと思います。

折角には「わざわざ」というような意味があり
わたしが使っているのもその意味合いでです。
つまり、小出監督もそういう意味で使っていたのです。
「せっかく怪我したんだから、いい方向に考えろ、何事にも意味があるよ」ときっと言いたかったんでしょう。
これで納得です。
「せっかく」 と「人生意味のないことはない」をそのままくっつけて聞いたから違和感があったんだ。
あぁすっきりした。

結局「言いたかったのは物事に意味のないものはない」であって
「せっかく」はそれを言いたいがための導入。
途中をすこし端折ったから、私に「ん?」と思わせたんだとガッテンしました。

言葉ってすごいなぁ。

なんだか「武田鉄矢」さんを思い出します・・・。あの人の言葉の解釈ってすごいもんね。
私やっぱり日本語って好きです。
スポンサーサイト



Secret

プロフィール

クコナツ

Author:クコナツ
新潟市在住 主婦
夫との2人暮らし
10年前、近郊にぼろいセカンドハウスを買い、週末は夫と共にその整備をしています。
趣味=テニス・家事・園芸
2009/12/10上腕部を骨折した事をきっかけにブログを始めました。
骨折は治りましたが、あたふた暮らしています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

道のり

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも一覧


自然治療法医の子育て 思わずにっこり!パラダイス日記

姫っちのお庭

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード