FC2ブログ

これからの時代

今回の東京行きは
2年前に結婚した息子の家への家事援助(お手伝いさん)のため。
お母さんがインフルエンザにかかり
お嫁さんが、出産後に実家に退院することができなくなったのです。
思わぬことで、一家のお手伝いに参上することになったのですが
行ってみたら、感心することしきり。
若いふたりは、家の中をきちんと整え
共稼ぎだから、家事は協力して連携プレーよろしく
実によく助け合っている。

そもそも食べること、清潔なものを着て、小ザッパりと暮らすこと。
二人で生活そのもの楽しむこと、
それは人生の大事な要素です、
いい仕事をする、出世する、お金持ちになる。、
そりゃ収入も大事だけれど
私は毎日を幸せに暮らすという事
その幸せを共有することの方が大事だと思っている。

そいう意味では、たった一週間だけど息子一家と暮らして
そんな日常を大事に仲良く暮らしていることを
間近に見られて良かったと思いました。

息子はいつからこんなに家庭的になったのだろうかと思うほど
マメに動き、台所、洗濯、掃除
何でも普通にやれる、仕事をやりくりして早く帰ってくる。

そんなの考えてみれば当たり前の事なのに
我々の時代もそうだけど、その前の時代なんてもっともっと
男性は仕事してれば家事はしなくてもいいという風潮でした。
家事は女の仕事。
同じようにフルタイムで仕事をしていても!です。
「そんな時間がない?」、それは女性だって同じでしょう。
同じように一人前に働いているのだから・・・・
でも圧倒的にやっている家事(生きるための雑務)の担当は女性の方が多い。
仕事をやりくりして帰ってくるんです。

そもそも、それがおかしい。なぜ女性がやりくりするの?
そんな社会がおかしいのです、絶対。

暮らす為に必要な雑務は共通のもので、それをこなすに必要な時間は同じように分担すべきなのは当たり前。
なぜ、女性が早起きして食事の支度をし
早く帰って夕ご飯の支度をし
洗濯をして、お風呂を洗わなくてはならないのか・・・。

これからの時代は、ゆっくりかもしれないけど
必ず変わっていくと思う。
今も少しずつ変わってきているように。
変えていかなければ能力の損失です。

息子が夫婦で助け合って幸せそうに暮らしているのを見て
私は心からホッとしたし
そんな息子を育てて良かったと思います。

まだ未婚の娘には、「決して結婚を急がず」
「暮らす為の家事能力を持ち」
「労わり合えるような」人をじっくり選んで結婚して欲しい。
見てくれがいいとか、収入があるとか、大企業に勤めているとか、出世しそうだとか
そんなの関係ない。
目先にとらわれてはいけない、暮らしたらどう行動する人かが問題よ!
思いやりのある、生活力(家事能力)のある人と結婚すべし。
一回結婚すると別れるのには相当なエネルギーがいるから、バカバカしいしもったいない。
妥協したり体裁のために結婚するなら結婚なんてしなくてもいいんじゃないか?
私はそう思う。
そう言えば、さだまさしも言ってたなぁ・・・・・
   「幸せは二人で、育てるもので~
     どちらかが苦労して繕うものではないはず~♪」

スポンサーサイト



Secret

プロフィール

クコナツ

Author:クコナツ
新潟市在住 主婦
夫との2人暮らし
10年前、近郊にぼろいセカンドハウスを買い、週末は夫と共にその整備をしています。
趣味=テニス・家事・園芸
2009/12/10上腕部を骨折した事をきっかけにブログを始めました。
骨折は治りましたが、あたふた暮らしています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

道のり

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも一覧


自然治療法医の子育て 思わずにっこり!パラダイス日記

姫っちのお庭

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード