FC2ブログ
   
08
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

同級生

雨が降ったり止んだりの穏やかな休日
娘と私、
それぞれ好きなこと(娘は勉強が好きかどうかはわからないけど(^_-)-☆)をしながら
のんびりしてます。

ところで
私の大学の同級生、卒業以来もう何十年と経つのに未だに交流があります。
定員が少なくて、卒業まで一緒に過ごした時間が長かったからかもしれません。
同級生の中で一番最初に結婚した私たちのために
みんなが来てくれたお礼に同級生便りを発行し、
それ以降何回か発行してきたのも、付き合いの続いている要因かもしれません
といっても過去何回でもないし
近況を知らせる原稿を集めて編集して送り返すというだけのことなのですが・・・・

その「たより」をこの夏亡くなった同級生の一人がとても楽しみにしていてくれたのです。
「又発行してね、すごく楽しみにしてるの・・」といつも言ってくれてたのに
私は、仕事で超忙しいときには何回も編集していたくせに
このところずっとサボっていたのです。
「ごめん・・○野さん」そう思って
全員に「原稿依頼」を送ったのが7月の半ばのことでした。
すでにお金を集めるので訃報は知っていたので
「追悼号」にするからと依頼文に添えました。
あれ以降三々五々、原稿は集まり、そろっと発行予定日を過ぎてしまいました。
学生時代と同じ、律儀に締め切り前にきっちり送ってくる人。
送料を余分に送ってくる人。
締め切りを過ぎて、メチャクチャお詫びと言い訳文を添えてくる人。
みんな変わらないなぁ~・・・
           たより原稿

母のことで何もする気になれなかったのですが
今日、重い腰を上げました。

これから編集です。

改めて一人一人の原稿を見ていると
あの頃と変わらぬ人柄、亡くなった彼女とご主人を思いやる気持ちが伝わってきて
胸を打たれます。

みんな年とっちゃったけど、いい仲間だなぁと思います。

それにしても、原稿を送るのは遅いくせに
出来上がった「たより」を待ち望んでいるのも確かなんですよ。
送ると毎度、「待ってたんだよぉ」と礼状や電話が必ず来ますからね。
そう思うとなおさら腰が重いんだなぁ、これが・・・・。
スポンサーサイト



妹マムへ・・・

私の友人である彼女は6月に自宅で
ご主人の介護を受けつつ亡くなったそうです。
ご主人は休職して在宅で看取ったのです。
ガンでした。
今のご時世、なかなか自宅でというのは難しいので、幸せといえば幸せ・・・
でも、遺された家族は今も本当に切ないと思います。
子供さんもまだ結婚もしてないし・・・

ご主人の悲しみに比べたら、私も泣いてばかりはいられません。
私も彼女の家族の心の痛みが少しでも和らぎますように・・と
願っているのですが
カントリーママさんの気持ち、私も本当に嬉しいです。
きっと届くと思うの、ありがとう!!

カントリー一家の子どもたちの笑顔にいつも癒されています。
こちらもありがとう~!!
いい子に育っているね(*^_^*)
これからが楽しみです。
体に気をつけて頑張ってね。

No title

お母様の事もお辛い中、やらねばならないこともでてきますよね。
お子さんの事も...母ですから。言えば年中無休。
そんな中、同級生への追悼を込め、たよりをつくられているんですえね。 きっとお友達も、天国で楽しみにしておられますね。

ご主人はきっと今でもさすがにお辛いでしょう。
きっときっともっと一緒に楽しく過ごしたかった事でしょう。
クコナツさんとその方に、すこしでも秋の優しい日差しが届きますように。 祈ってます。

Secret

プロフィール

クコナツ

Author:クコナツ
新潟市在住 主婦
夫との2人暮らし
10年前、近郊にぼろいセカンドハウスを買い、週末は夫と共にその整備をしています。
趣味=テニス・家事・園芸
2009/12/10上腕部を骨折した事をきっかけにブログを始めました。
骨折は治りましたが、あたふた暮らしています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

道のり

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも一覧


自然治療法医の子育て 思わずにっこり!パラダイス日記

姫っちのお庭

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード