FC2ブログ
   
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

ガーデナー

時間があまりなかったけど
カントリーハウスの花たちだって、この暑さだもの・・・
私を待ってるに違いないと行って来ました。
   ガーデナー
みんな息も絶え絶えだけど、頑張ってた。

白い「トラノオ」が咲いていました。白いトラノオ


そしてそして・・・・
夕べ会食を終えてから行って泊まっている夫は
廊下に「ラオス松」を貼っておりました。廊下

夫は今、廊下貼りに燃えていて
昨日は朝から上越市に出張し、大学にとんぼ返りすると(往復200キロ)、
講師の先生と市内に戻りホテルで会食。
そこからカントリーハウスに行って大工さん。

今日私が行くと、どこからともなく「うろ~」っと出てきました、まるで狸のように(^_-)-☆

この廊下見たら、
「いよっ!大将やるねっ!」って誰かがきっと言ってくれるね。(^_-)-☆


スポンサーサイト



おはようございます。

夫は褒められて嬉しくて、滅多にしないコメントをしてましたね。
「ポチン・ポチン」と書いてましたよ(^_-)-☆

あのね、「廊下の床板が黒光りするのには何十年、少なくとも3~40年は懸るだろう」なんて言ってました・・・
気の長い話ですよね?・・・
でもお楽しみでやってるんだからいいんでしょうね。

娘は3、4歳の頃からピアノをやっていて、私の望んだとおりピアノが「悲しいとき、嬉しいとき、いろんな時のお友達」で、傍で見ていて嬉しいです。
いろんなときにピアノを弾いています。いつも弾いてます。
これからもずっと娘の友達だと思うと、習わせてよかったなぁと思うんですよ・・・
娘の伴奏で私と娘とで合唱するのも、、後どれくらい出来るかしらねぇ・・・
今日も暑いけど、楽しみましょうね。

大将・・・

englandrose さん

かなり恥ずかしい響きですが・・・、お褒め頂いてありがとうございます!ラオス松の縁甲板(フローリング)は、単価を落としましたので、色目がバラついています。年月が経って木肌が飴色に変化してくれば一体感が出てくるだろうと思っています。後は、時間に任せます・・・。時を経て味わいが増してくる事を願っています。

次は、「縁側」張りです。「縁側」は、今の建物では「死語」に近い。伝統的な日本家屋では、家の中と外を繋ぐ大切な空間であったように思います。

ピアノの手は、娘です。私の手は、電動工具屋・鉋・鋸・鑿と共にあります・・・・。

No title

「 よっ!大将やるね!! 」
知的なだけでなく、男前な腕前。
かっこいい。
奥でピアノ弾いていらっしゃるのも大将?
それとも娘さんでしょうか?
すてきなご一家です。


神様のようなお母様との尊いじかんが
天からの贈り物のように感じます。
いつもながら、クコナツさんの
しあわせなきもちをわけてくださって
ありがとうございます。

Secret

プロフィール

クコナツ

Author:クコナツ
新潟市在住 主婦
夫との2人暮らし
10年前、近郊にぼろいセカンドハウスを買い、週末は夫と共にその整備をしています。
趣味=テニス・家事・園芸
2009/12/10上腕部を骨折した事をきっかけにブログを始めました。
骨折は治りましたが、あたふた暮らしています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

道のり

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも一覧


自然治療法医の子育て 思わずにっこり!パラダイス日記

姫っちのお庭

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード