FC2ブログ

♪い~つのことだか、思い出してご~らん♪

2~3日前のこと・・・・・・・

夫と見るテレビもなく、何げにBSを回していたら

懐かしい歌詞が、聞こえてきました。

♪「い~つのことだか・・・思い出してご~らん」♪
   ♪「あんなこと~、こんなこと~、あ~ったでしょ~」♪


縮IMG_2859

   縮IMG_2860

清らかな歌声に、一瞬何の歌だっけ?と思ったけど

「あ!この歌・・・」
「保育園の!」
「卒園式の歌だ!」


夫婦ふたりして、しばし黙って聞き惚れました。

正統派の声楽家の歌う「思い出のアルバム」

いろんなことが頭を駆け巡り
懐かしさでいっぱいになりました。

子供を通わせていた保育園は、延長保育などなかった時代
共稼ぎで遅くまで預けることができなくて困っていた父兄たちが
(それぞれ役人だったり教員、銀行員などその道の専門家たちが)
自分たちのために切羽詰って
園長先生と作った私立保育園。
最初の卒園児は1人でした・・・
各学年ひとクラスしかない小さな保育園でした。
今思えば、みんな若かった。
我々夫婦は若く、特に貧しく、
(最初から順風満帆の人生を歩んできたわけじゃないから・・・)
とにかく働くしかなかったし
親には頼れなかった。
でも二重保育にしなくて済んだのは、本当にありがたかった・・・
時間的にも、経済的な面でも。

父兄たちは、園にみんな協力的で行事も手作り感が一杯。
役員決めだって、困ることなんかなかった。
「保育園のお影で仕事して来れたんだもん、
  今年は私、やらせてもらう!」といって
いつもさっさと決まりました。

仕事で遅くなって玄関に駆け込むと
真っ暗になった育児室とそこだけ明かりのついた「先生のお部屋」
うちの子供と先生だけなんて日もありました。
力尽きて玄関にヘタリ込む私に
先生方はみんな優しかった。

くたびれたスーツ姿にねんねこで子供をおんぶして
両手に自分の鞄とおむつの入った袋をぶら下げて
毎日バスに乗って、歩いて連れてきてたお父さんもいた。

「何とかちゃんのお母さん」としかわからなくても
玄関先で走りばしり「元気?」
「おたがい頑張ろ!」と声をかけあったっけ。

たくさんの思い出の詰まった保育園時代。

その卒園式だもの、思いがあふれて
みんな泣きました。

子供は無邪気に大きな口あけて元気に歌ってるけど
親たちは、今思えば20代~40前後
働き手としては、
一番元気で一番大変なときだったのかもしれない。
でも仕事と育児を両立する大変さは
職種が違っても分かり合えたし、みんな戦友のよう・・・・・

あの時代、働く母親にとっては今よりずっとずっと厳しかった。
有給も少なく、休みもろくに取れず、育休も保証もなかった。
職場によっては、産休明けから預けざるを得ないのは珍しくなかったから
そうなると、まる6年もお世話になってきたんだもの。
先生方への感謝、子供の成長の嬉しさ、これから就学することへの不安
そして頑張った自分のこと。
いろんな思いが交錯して涙、涙になったのです


そんなことを思い出してしまった、この番組。

♪「もう~すぐみんなは、い~ちね~んせい」♪
あの日のあの時のみんなの可愛い顔を思い浮かべると
懐かしさでいっぱい。
みんな大きくなったことでしょう。
親たちもみんな年取ったんだろうな・・・・
あれ以来会ってない人も多い。
でも懐かしくて
立春を前に、
  一足早く春が来たみたいな夜でした。
    +゚。*(*´∀`*)*。゚+



懐かしい保育園時代の思い出に欠かせない
園長先生のこと
又書きたいとおもっています。


  長文、失礼しました。
スポンサーサイト



Secret

プロフィール

クコナツ

Author:クコナツ
新潟市在住 主婦
夫との2人暮らし
10年前、近郊にぼろいセカンドハウスを買い、週末は夫と共にその整備をしています。
趣味=テニス・家事・園芸
2009/12/10上腕部を骨折した事をきっかけにブログを始めました。
骨折は治りましたが、あたふた暮らしています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

道のり

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも一覧


自然治療法医の子育て 思わずにっこり!パラダイス日記

姫っちのお庭

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード