FC2ブログ
   
08
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

魚野川

今日のローカル番組で「魚野川」が出ました。
私が育った地域を流れる川なのです。
 IMG_2669_20130215210609.jpg

    IMG_2671.jpg

懐かしく思いながら見ていたら、いろんなことを思い出しました。
高校1年生の春でした、
入学したばかりの春に
いきなり同級生のお母さんが亡くなって忌引きで休むと先生が言われました。
日差しが眩しくてようやく来た雪国の春という感じで
何もかもが輝いて見える早春の日のことでした。
高校に入学した喜びもあって、みんな嬉しくてたまらない毎日でした。

でも同じ中学から来た人がそっと教えてくれました。
お母さんは真冬に川に入水したのだそうです。
嫁姑の折り合いが悪くて自殺したのだそうです。
雪がいよいよ深まり、探すことが到底できなくなって
捜索は断念されていたのだそうです。
それが春の雪解けと共に川下で見つかったのだそうです。
覚悟の自殺だったから、死装束で両足を自ら縛ってあったそうです。
親が死ぬなんて想像もしたことのない年頃に
同い年の子の親が亡くなる、それも自殺・・・
いきなり、大人の世界を見、悲しいこと、恐ろしいことが待っているような沈んだ気持ちになったことを覚えています。

彼はその後どうしているだろう。

すっぽりと雪に埋もれてしまう雪国の冬は
美しいけれどどことなく悲しい。
悲しい美しさです。

とはいえ、みんなたくましく生きているんですけどね、しんぼう強く。
スポンサーサイト



ねぇ・・・

スイマセンね、こんな暗い話題で。
でもきっとすごく強烈だったから今も覚えてるんだと思うんですよね・・
雪国の雪の降り方ったらすごいんですよ。
上も下も右も左もわからないほど吹雪いたりして・・
そんな中、どんな思いで水に入ったのか・・・
思いつめた人の想いの強さを感じます。

その後卒業まで私の耳に彼の母のこと家族のこと
噂を聞くことは一度もありませんでした。
絶対に話題にしてはならないと暗黙に思ってたのかなぁ・・みんな。
親たちは噂してましたけど・・・

人と人との関係ってどうすることもできないことがあるんですよね。
でも悲しい、みんなが。

コメントありがとうございます。
憧れのももくそさんからだなんて、感激です\(^^)/

1枚目の画像の美しさに、「もっともっと大きい絵で見たかった!」と思ったんですが、まさかこの画像からそんな思い出がつながるとは・・・。
親の自殺も子供の自殺も、やりきれないですね~。
友人でさえ心を痛めるのに、家族ですからね。
死装束で両足を縛ってあったなんて、どんだけ決死の覚悟だったのか・・・。
今みたいにブログの様に、心の不満をこっそりぶちまけられる場所があったなら、お母さんも少しは救われ、今も生きていたのかもしれませんね~。
その後、折り合いの悪かった姑はどんな気持ちだったのでしょうか。
その仇を今度は母親代わりにきっと、同級の子は成長したんでしょうね~。
複雑です・・・。

Secret

プロフィール

クコナツ

Author:クコナツ
新潟市在住 主婦
夫との2人暮らし
10年前、近郊にぼろいセカンドハウスを買い、週末は夫と共にその整備をしています。
趣味=テニス・家事・園芸
2009/12/10上腕部を骨折した事をきっかけにブログを始めました。
骨折は治りましたが、あたふた暮らしています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

道のり

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも一覧


自然治療法医の子育て 思わずにっこり!パラダイス日記

姫っちのお庭

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード