FC2ブログ
   
09
   

木喰さんと私

木喰さんの特集は久しぶりだった。
日曜美術館でやりました。

私と木喰上人との出会いは、高校生の時です。
以前も書いたかもしれないけど
高校時代、政経の先生が「君たちのうちか親戚かに、木で作った手彫りの仏像を祀っているうちはないか?」
「江戸時代、諸国を行脚して泊めてもらったお礼に、薪や丸太に仏像をほって歩いた人がいるんだ」
「この辺りも通っていて、見つかっているんだよ」
「山奥の家の囲炉裏端で、貧しい農民が一日の終わりに手を合わせていた、薪の仏像・・・、素晴らしいと思わんか?」

と興奮気味に言われても・・その後どうなったかわからないまま
その話はずっと心に残っていて
結婚してすぐ。新婚旅行先の岐阜で、初めてその木喰像に出会った。
その後、子供たちを連れていったキャンプ場の近く
小国で見た。
そして一人で佐渡島内を巡って、行き着いたお寺の本堂で見た小さな仏様。

長いあいだこの微笑仏は私を捉えて離さない。
IMG_0231_20180917195459aab.jpg

行った先は町ではなく、小さな村々であったこと。
木喰とは穀物を断つ修行という意味だったこと。
今回の放送で知った。

全国を回って、行く先々でいろいろなエピソードを残したらしい。
病を癒したり、夜中に寝ずにほっていたとか・・・・

新潟県は残っている仏像が全国でも一番多いそうだ。
そういえば、いつか見た冊子に
小千谷あたりで、子供はお堂の仏像を引っ張り出してきて
ソリがわりにして遊んだとか、浮き輪替わりにして遊んだとか、書いてあったなぁ。
心打たれるのは、佐渡のおしろい地蔵。遊女の信仰で身体が真っ白。
IMG_0230_201809172004301bf.jpg

1000体を目指した木喰さんの後を追う旅もまたいいかもしれない・・・・。
スポンサーサイト



プロフィール

クコナツ

Author:クコナツ
新潟市在住 主婦
夫との2人暮らし
10年前、近郊にぼろいセカンドハウスを買い、週末は夫と共にその整備をしています。
趣味=テニス・家事・園芸
2009/12/10上腕部を骨折した事をきっかけにブログを始めました。
骨折は治りましたが、あたふた暮らしています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

道のり

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも一覧


自然治療法医の子育て 思わずにっこり!パラダイス日記

姫っちのお庭

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード