FC2ブログ

謎・・・

友人が、カナダの「プリンスエドワード島」へ行ってきました。
ここは名作「赤毛のアン」の舞台、モデルである島です。

私の少女時代・・・
いや少女時代に外国へ行くなんて考えもしなかったから
大人になってからのすごく大きな夢でした。
いつかアンの島に行く・・・。

「輝く湖水」「おばけの森」・・・「グリーンゲイブルス」(アンの家)
その場所にどれほど憧れたことか・・・・

今から30年ほど前に職場の同僚が
図書館の司書をしている奥さんが自費で買ったという
プリンスエドワード島の写真集を見せてくれました。
あの頃、そんなメジャーじゃない島の写真集なんてなかったから
もう大騒ぎで見た覚えがあります。
結構値段が高くて(当時3000円以上)
奥さんはボーナスで買ったと言ってたっけ。
「赤土の道ってこんななんだ・・・・」
「意外と海が近いのねぇ」なんて(@_@。びっくり感激したものです。

その後子育てで忙しく、いつか行きたいとずっと思ってはいたけれど
それどころではありませんでした。
外国へ行くとなっても
「赤毛のアン」を読んでいない夫と行く外国として
選択肢にはありませんでした。


それが友達が行ってきたというので
急に身近に感じられて
私も写真集を借りて見てみました、改めて・・・。

すると目に焼きついているアンの部屋が
   「あれ?なんか違うような・・・」

実はこのアンの家「グリーンゲイブルス」は火事に遭い
建て替えられたものなのです。
でも正確に再建されたと聞いています。
でも何か違う・・雰囲気が。

どの本にもアンの部屋はこんな感じの写真が載っています。
IMG_0069_20150821205301506.jpg
私の見た写真集はもっとシンプルな部屋だったような・・・
壁紙が違うのかなぁ~?

借りてきたもう一冊も同じ
友達の写真も同じ

ん~・・・・・・・・・・・。

なんだろう?何が違うんだろう?

図書館に行って、
「昔の30年くらい前の
グリーンゲイブルスの写真の載っている写真集ありませんか?」
とお願いしてみました。
だいたい司書の人って親切だから
市内中の図書館から集めてくれました。
そしてたった一冊、一番古い32年前の写真集に
アンの部屋の写真がありました。
IMG_0068_20150821205921f8d.jpg

  見取り図も載っていて   ↓
  IMG_0082_20150821210218d43.jpg

よぉく見てみると
古い部屋の写真は
最近の洋服がかけてある部分
ドアのようなところにパフスリーブのアンのドレスがかけてある
そこがクローゼットではなく、凹んだ状態だったみたいですねぇ。

30年前はまだ火災にあっていないから
確実にこれは古い家だと思うけど、
建て替える時にドアをつけたのかしらん?
これは謎です・・・・・・調べようもないし、調べてどうなるものでもないけど。

これが私の違和感につながったわけではなく
違和感の原因は単純に写真が新しくなっただけだと思うけど
行ってみたいなぁと憧れていたあの頃
古い家が焼ける前に、行きたかったなぁという気もします。

これが(多分)消失前のグリーンゲイブルスです。
IMG_0098_2015082122013785e.jpg

IMG_0099_201508212201541b7.jpg



あの頃は今ほど行く人もなかったかもしれません。
昔の建物のクローゼットにドアはあったのか?
謎は解けないけれど
私の中に生き続けていた写真集
    (確かではないけど32年前のものであることは確か)
に巡り会えたことは
何だか嬉しかったです。
あの頃、若かった。

いつか行くぞ、プリンスエドワード島・・・・・・・・・
娘も全巻、熟読してるから話し相手に不足はないし。
スポンサーサイト



プロフィール

クコナツ

Author:クコナツ
新潟市在住 主婦
夫との2人暮らし
10年前、近郊にぼろいセカンドハウスを買い、週末は夫と共にその整備をしています。
趣味=テニス・家事・園芸
2009/12/10上腕部を骨折した事をきっかけにブログを始めました。
骨折は治りましたが、あたふた暮らしています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

道のり

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも一覧


自然治療法医の子育て 思わずにっこり!パラダイス日記

姫っちのお庭

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード