FC2ブログ
   
01
   

向い風

成人の日の新聞に載った
ウイスキーの宣伝

「むかい風を歩くんだ」という題で
伊集院静氏の文が載っていました。

全文載せたいところだけど
いろいろ問題があるだろうし、手帖に貼るだけにしておきます。

その中で特に私の心に響いたのは次の行(くだり)です。

   登り坂と下り坂があれば、上り坂を行くんだ

   甘い水と、苦い水があれば、苦い水を飲みなさい。

   追い風と、むかい風なら、断然、向かい風を歩くんだ。

   どうして辛いほうを選ぶかって?
 
   ラクな道、甘い水は君たちに何も与えてくれないし

   むかい風の中にだけ他人の辛酸の声が聞こえるんだ。

   真の大人というものは己だけのために生きない人だ。

   誰かの為にベストを尽くす人だ。
  
   金や出世のためだけに生きない、卑しくない人だ。

   品性のある人こそが、真の大人なんだ。
 

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
     大人に向かう君と乾杯
 
                    伊集院静

 大人になる若い人たちへにはなむけの言葉ですが
どれだけの大人がこのように生きているでしょうか。
自分だけが良ければいい・・
人を追い落とそうとする毎日・・・
給料、出世にしか目がいかない頭の中・・

その中で、ついていけない人がたくさん「病気」になっている。
勝者と呼ばれる人だけが生き残り、高笑いをする。

そんな世の中で、それでもなお向かい風に向かって
坂道を登れと氏は言います。

私もそう言いたいけれど、言い切れるほど強くはない・・
かつても、そして今も・・・・・・・。
でもその先に
お金でも地位でも財産でもない
品性という衣があるのなら
それをまとう人を目指して生きて行きたいと思います。

真の大人・・・
なんと難しい目標であることか・・・・・・・
成人の日に20歳だろうが、40歳だろうが、70、80だろうが関係ない。
それを目指す人に年齢はないのでしょうね・・・
これは死ぬまで目指していく上り坂かもしれない。

プロフィール

クコナツ

Author:クコナツ
新潟市在住 主婦
夫との2人暮らし
10年前、近郊にぼろいセカンドハウスを買い、週末は夫と共にその整備をしています。
趣味=テニス・家事・園芸
2009/12/10上腕部を骨折した事をきっかけにブログを始めました。
骨折は治りましたが、あたふた暮らしています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

道のり

カウンター