FC2ブログ

ホッコリ湯けむり、湯治の旅③ 

今回、これほどの雪が降るとはつゆ思わず、実に気楽に出かけました。
いつもはたくさん持つおやつもちょっとしか持たず
ところが思わず連泊することになりました。
びっくりです。
山梨県を初め、大きな被害をもたらしたこの大雪
私の見た状況を少し報告したいと思います。

これは行く途中
こんな風景は冬の新潟では珍しくなく
  *新潟市ではありません、念のため。
のんきに、「安いから料理に期待しないでね」なんて話ながら行きました。
企画担当は私なもんで(^^ゞ
IMG_8382_2014021921215412d.jpg

宿にいる限り何も困ることはなく
大雪で大変なことになっているとわかったのは翌朝でした。
車が埋まっていたのです。
従業員も来れないほどの道路状況。
あちこちの道路が通行できない状況になっているとのこと。
宿の方が「こんな状況ですので、ゆっくりして様子を見た行かれた方がいいかと・・」と言ってくれたので
朝ご飯を終えると、「それじゃ」というのでのんびりお風呂に入った来たりして過ごしました。
ところが状況は一向に改善する兆しがなく
午後になって宿泊者全員が連泊する決断をしました。

宿の従業員は人数が少ない中、一生懸命サービスしてくれたし
夕食も前日と違うメニューで、普通の連泊となんら変わらず、とても美味しかったし
連泊はいい選択だったと思います。
これは駐車場の風景
IMG_8465.jpg

    IMG_8478.jpg

連泊した翌日の朝
まだ道路状況は厳しかったのですが
特に若い人たちは、じっとしていられないようで
朝食を食べると、早々に渋滞の中を突撃していきました。
私たちはお昼を食べて、最も気温が上がる2時くらいに宿を出ました。
事前に役場に電話して、脇道の状況を聞いたり
ネットで情報を得た上で、県道から高速のインターにたどり着き
4時くらいには帰宅できました。

宿を出る時は残ってもう1泊するご夫婦に見送られ
私たちも先に出発するご家族を見送りました。
何だか、見知らぬ者同士ですが、妙な連帯感でつながったような気持ちでした。

IMG_8515.jpg

渋滞に巻き込まれなければ、雪道には慣れていますので
一般道をスイスイと走れました。
問題は雪道に慣れない車の事故でしょう。
それとノーマルタイヤに車。
高速は順調に除雪が行われていて
更に新潟県に入ると徐々に雪はなくなり、自宅近くになると
全く雪がありません。
何だか妙な気分でした。
これって、逆じゃない?
IMG_8527_20140219215340a4d.jpg

今回はお湯を十分楽しめたから満足したといえば言えるのですが
テレビでみる閉じ込められた人達のことを思うと
運が良かったというか
何がどうなるかわからないもんだなぁというのが実感です。
これからもささやかな旅は計画すると思いますが
万が一、こういうこともあるんだと思って用意した方がいいようですね。
つまり、ちょっと食料とか、お金とか着替えとか余分に持つとかね。

でも、ほんとに忘れられないいい旅でした。
スポンサーサイト



プロフィール

クコナツ

Author:クコナツ
新潟市在住 主婦
夫との2人暮らし
10年前、近郊にぼろいセカンドハウスを買い、週末は夫と共にその整備をしています。
趣味=テニス・家事・園芸
2009/12/10上腕部を骨折した事をきっかけにブログを始めました。
骨折は治りましたが、あたふた暮らしています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

道のり

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも一覧


自然治療法医の子育て 思わずにっこり!パラダイス日記

姫っちのお庭

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード