FC2ブログ

時代のバトン

学生時代の友達と電話で話しました(大した用があったわけではないんだけど・・)
共通の友人の住む岩手は大丈夫か?という話がきっかけで・・・・・・

彼女は両親の遺した昭和の初期に作られた古い家に一人で住んでいます。

あれは何年前だったかなぁ~・・・
彼女から「母がね、ガンだってことになってね」と電話で聞いて
一度だけ家を訪ねたことがありました。

私たちの学生時代
ほとんどの同級生は県外もしくは自宅外通学で
市内に実家があった彼女はおしゃれも暮らしぶりも別格でした。
その彼女から「これどうぞ、母からよ」と
手作りの巾着ずしやちまき、ちらし寿司などおふくろの味的なものを時々差し入れてもらいました。
日頃ろくなものを食べてない私たちは争うようにそれをいただき
それぞれの実家を思い出し
かつ、手作りの食べ物の豊かさを噛み締めたのでした。
同時に彼女のお母さんの思いやりも・・・

それだけに彼女からそれを聞いていてもたってもいられず
「これは、お礼を言っておかねば」と
私は仕事の昼休み時間に入るや
花屋へ行き、彼女の家に直行しました。(ナビがあるから)
彼女がいないのは承知の上でどうしてもお会いしておきたかったのです。

その今では見ることがないような古い木造のしもた屋の玄関でお母さんはびっくりしつつも
喜んで迎えてくれました。
彼女に電話をした時に取り継ぎがてら何度かお話したこともあって
私を覚えてくれていました。

ひとしきり昔話をしたあとに
「どうやら、あんまり良くな病気のようなんですよ・・・」とつぶやき
「なんですか、あの子は縁遠いままで、かわいそうなようですが
あの子が家にいてくれたおかげで私たち夫婦は本当に幸せでした」などと
優しい声で話されました。
今思えば過去形・・・
ご自分のこれからをよくわかっていらっしゃったのでしょう。

落ち着いて周りを見れば、古いけどよく手入れされた廊下や建具
庭には庭木の他に小さな菜園も見えます。

慎ましくも丁寧に暮らしていらっしゃる堅実な暮らしぶりが忍ばれました。

それからすぐに入院したと聞き
それから数ヶ月して友人に会ったのはがんセンターの廊下でした。
つきっきりの付き添いをする彼女に差し入れを持っていった時でした。

そのままお母さんは亡くなられ、数年してお父さんも亡くなられました。
いつ会っても元気で活動的な彼女は
「もうしばらくしたら、ここは売り払って兄弟で分けて私はマンションにでも入るわ。
そうすれば雪かきもしなくていいし、草取りもしなくていいもの」というので
まぁ、もったいないけどそれも仕方ないか・・と思っていました。

それが昨日の電話で
 「去年の秋にここを売り払う話を進めて、さあという時になって急に何だか気が変わってね」と
思いがけない展開。
「窓の外の木を眺めながら、家で風に吹かれていられる暮らしなんてそうないよな」って思ったの。と彼女。

「そうよ、そうよ!」と私、強く同意。

家にある古いものが語りかけてくるのだそうだ。
「おばあさんのそのまたおばあさんの紋付なんてさ・・すごいんだよ!」と彼女。
それを聞いて私はあの家と一体化したようなお母さんのちんまりと座った姿を
ありありと思い出し

「そうだ、そうだ、それがいい」としつこく言いました。

私は我が母を始め、彼女のお母さんから
モノを大事にする暮らし、豊かに丁寧に暮らす暮らし方、身近に幸せを見つける方法
それを受け継いだような気がしています。

自然から目を離さない。
日常を大切にする。

それはあの昭和の時代を生き抜いた庶民の女性の確かなバトンのような気がするのです。
私たちはそれを噛み砕いて、変形させて次の時代に渡さなくてはならないのではないだろうか・・・
そんな気がしています。
まだまだ修行が足らず、まだまだ受け取り損ねた部分は多いけど
彼女やほかの友人たちと情報交換しながら
つなげていかねば・・
つなげていきたいと思います。

友達と
「涼しくなったら、どこかで飲も!」と電話を切りましたが
それまでに、うだうだしないでちゃんと家事をやりたいと思います。


   *長々ご清聴いや清読ありがとうございました。
スポンサーサイト



プロフィール

クコナツ

Author:クコナツ
新潟市在住 主婦
夫との2人暮らし
10年前、近郊にぼろいセカンドハウスを買い、週末は夫と共にその整備をしています。
趣味=テニス・家事・園芸
2009/12/10上腕部を骨折した事をきっかけにブログを始めました。
骨折は治りましたが、あたふた暮らしています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

道のり

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも一覧


自然治療法医の子育て 思わずにっこり!パラダイス日記

姫っちのお庭

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード