FC2ブログ

泣けました・・・

何げに見た今朝の読売新聞・・・
「医療ルネッサンス・続赤ちゃんを亡くして3/5」
あらすじは以下の通りです。

  『生まれて2日で赤ちゃんを亡くしたあるおかあさんは、赤ちゃんが亡くなったその日に看護士さんから可愛い洋服をもらいました。赤ちゃんにそれを着せると医師や看護士さんが次々に見に来て「可愛い」と喜んでくれました。その洋服は同じ病院で小さな子どもを亡くした方が「ちいさな赤ちゃんを天国にお送りする洋服がない」と聞いて世話になった御礼に無償で作って贈ってくれているのだそうです。火葬後添えられたメッセージカードを見ると洋服を作った方が亡くした息子さんに「このお洋服を着た子に天国であったらお友達になって遊んであげてね」と話しかけていると書いてありました。それを見て子どもを亡くしたばかりのおかあさんは「亡くした子には今、お友達が居るんだ」と気持ちが楽になったそうです。』

これは「天使のブティック」という赤ちゃんを亡くした親の会として発足したそうですが、確かに市販のベビー服が大きくて悲しみが増すというのは判るような気がします。
小さな小さな、可愛いベビー服を着せて天国に送れたら親としてもどんなに嬉しいことでしょう・・・・
そして、天国で小さなベビー服を着た赤ちゃんたちがみんなで仲良くしていると思うと親としては悲しいけれど少し気持ちが楽になります。

これを読んで、涙がこぼれました。
ろくでもない親やろくでもない犯罪者が後を絶たない中
こんな人たちも居るんだと思ったら感動して涙が出ました。
どうすることもできない悲しみは人生には避けられないことかもしれない・・・・
でも悲しみは人の優しさで癒されるものなのですね・・・・

目に見えないもの、お金で買えないものの尊さを感じて涙がこぼれました。
スポンサーサイト

プロフィール

クコナツ

Author:クコナツ
新潟市在住 主婦
夫との2人暮らし
10年前、近郊にぼろいセカンドハウスを買い、週末は夫と共にその整備をしています。
趣味=テニス・家事・園芸
2009/12/10上腕部を骨折した事をきっかけにブログを始めました。
骨折は治りましたが、あたふた暮らしています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

道のり

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも一覧


自然治療法医の子育て 思わずにっこり!パラダイス日記

姫っちのお庭

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード