FC2ブログ

息子たちよ、覚えている?

新潟市体育館で開催中のエアロビのインストラクターは、私のペースにぴったり。
なので、チョット家からは遠いけど行ってきました。
その体育館の隣は陸上競技場・・・
その陸上競技場の駐車場から車を出そうとして、「あっ!」と思い出しました。

あれは息子たちが3~4歳の頃です。
夫は働き盛り・・・・仕事一筋。決して家庭を顧みないというのではないのです、ただ働きに働いていた年代。
私は二人の息子を育てることと自分の仕事。
どう両立すればいいのか・・・行き詰っていたのかもしれません。
ただただ疲れていたのかもしれません。

休みを取ったのだったか・・・・・?忘れましたが仕事を休んでお花見に来たのです、ここ陸上競技場に。
よほど具合でも悪くなければ休みなど取れない状況の中で、でした・・・
強い風が吹いて陸上競技場の満開の桜が、一気に散ってしまった日でした。
桜吹雪とはこのことです。
息子たちはママとずっと一緒に居られることが嬉しくて
最初は「ね?どうしたの?」と不思議そうに聞いていましたが、
一日一緒に居られることが分かると大喜びではしゃぎ出しました。
風が吹くたびにぶわぁ~~と舞う桜を、ころころと追いかけてまるで踊っているかのよう・・・・
私はその姿が可愛くて、ニコニコ見ていたのを良く覚えています。
子どものことなどじっくり見ていられない日々が続いた中、
ほんとに久しぶりのゆったりとした時間でした。

すると、カメラを持った男性が近づいてきて「写させてくださいませんか?」と。
承諾すると「あぁ~いい絵だ・・・」とつぶやきながら沢山写真を撮ってくれました。
子どもたちが大喜びで花びらを追いかける姿に、私も嬉しくなって一緒に桜を追いかけて舞いました。
まだ若い若い母親でした。

あの日以来、私は子育てを含め、何ごとも夫を期待しないでやろうと決心したのです。
どことなくいつも夫を頼りにし、当てにしている自分でした・・・(物理的にも精神的にも)
「もう頼らない、自分一人で育てるつもるでやる・・・」
  (*誤解されると困るのですが、夫が家事に非協力的な人だというのでは決してなく、この時代、物理的に仕事をする男性に家事を手伝うゆとりなどなかったのです。そして母親が働く条件は今よりもっともっと厳しかった・・・)

あの桜吹雪は、ある意味私が自立した日の風景なのです。
桜の思い出


今日桜咲く、陸上競技場の駐車場の風景に何十年も前の光景をふと思い浮かべました。
桜吹雪の中、声を上げて桜と戯れる親子の姿・・・・・・・・・
あの頃から、子どもが子どもを育てるような私から、ひとりの母親になった気がします。
スポンサーサイト



プロフィール

クコナツ

Author:クコナツ
新潟市在住 主婦
夫との2人暮らし
10年前、近郊にぼろいセカンドハウスを買い、週末は夫と共にその整備をしています。
趣味=テニス・家事・園芸
2009/12/10上腕部を骨折した事をきっかけにブログを始めました。
骨折は治りましたが、あたふた暮らしています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

道のり

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも一覧


自然治療法医の子育て 思わずにっこり!パラダイス日記

姫っちのお庭

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード