整形受診 No10

今日はお掃除デーで一日忙しい予定なのですが
明日はフィットネス三昧といきたいので、
状態確認のためひとっ走り整形へ行って来ました・・・・。
湯治やエアロビなんかへ行っているうちに、あっという間に3週間も経ってしまっていたようです・・・
看護士さんたちも当惑気味・・・そりゃそうですよね?
本来なら一緒に良くなっていく過程を共有するはずなんでしょうに
しば~らくぶりに来られても、対応に困ってしまうでしょう・・・・

でも、私としてはリハビリに毎日通っていたら、今よりずっと早く良くなっていたとも思えないのです。
やっぱり自分で「うぅぅ~ん・・・!」と頑張るしか無いと思うから・・・
行っても行かなくても自分でやらないなら同じかなぁと思うのです。
もちろん、専門職の見立てや教えや治療や指導は必要だし
なくてはならないものだけど、その背景には患者本人の意思が一番大事。
特に骨折の後なんて、自分でやるしかないでしょ!!
動かすしかないんだもの。毎日リハビリに通って一日一回やるより
家で朝と午前と午後と夜寝る前に4回やるほうがずっと良くなるのが早いと思うんだけど・・・

Drの診察結果としては、「左手をお手本に頑張れ」ということ・・・・・
受付の方には「1週間に1回はリハビリに来てください」と言われました。
リハビリって、1週間に1回通ってやってもらうものかなぁ・・・・
地道に毎日、気がついたら家事の合間に、歩きながら仕事をしながら少しずつ少しずつやるほうが効果有りなんじゃないかなぁ~・・・と思っちゃうんですよね・・・。

帰ってから大急ぎで掃除の続きに取り掛かりましたが
今日は、ガラス拭き・・・・高いほうなんか右手でごしごし拭いてると
「こりゃぁ、いいリハビリだわ~」と思わざるを得ませんね(^_-)-☆

お茶飲んだら今度はチューブエクササイズでもしようっと!!

あっ!!大事な事忘れてました。テニス少しずつ始めてもいいみたいです・・・(*^_^*)
少しずつならね!(^_-)-☆
やったね!!
スポンサーサイト

整形受診 No9

歯科を終えて、帰ろうと思ったけど、チョット整形外科方面に歩いてみると
「あらっ?」
「今日は月曜なのに空いてる?」
「土日に痛くてたまらなくて月曜になるのを待ちかねていた人で一杯かと思ったのに・・・」
という訳で、その足でふらふらと整形外科に行ってしまいました、心の準備もしないまま・・・
行って気がつきました、今日はレントゲンだった・・!
もう帰るわけにも行かず、リハ室で温めた後、レントゲン撮影。
そして診察。
今日は先回よりもずっと腕が上がり(というより頑張って上げて見せ・・)、Drも「ふむふむ」って感じ。
ただレントゲンを見ると、今更ながらにけっこう大胆な折れ方・・・・!
見なきゃ良かった、見たくないもの見ちゃった。
「腕が上がるようになったことは褒めてあげるけど、くれぐれも無理しないように・・」と言うのが
私のDr語の解釈。そんな言葉では言ってないけどね。

そこで私の2大疑問を思い切って聞いてみました。
  その1 この痛みは当然の痛みなのか?例えば自己流に無理しちゃって炎症か何か起こした痛みなのか?
  その2 私がオペの対象でなかった要因は?
     (これはとっても聞きにくいし、私は客観的に興味があるだけなんで
      上手に聞けたか疑問なんだけど・・・決して「何でオペしなかったんだよぉ?」なんて意味ではありません。
      むしろ、オペせずにすんで、「ありがたや~っ」て気持ちです)

(私流の解釈による)答え 
  その1 そういう痛みなら違う痛みだろう、これは動かしていることによる痛みだから心配ない。
  その2 ま、オペはその時の状態に応じてすると言うことで・・・、今更そんなこといわれてもねぇ・・・?オペしたかったら今からでもしよか?・・
といった感じでしょうか? 

私は骨折の状況をなるべく正確に把握したくて、そしてどんな風に回復してきて、これからどう回復していくのか、素朴に凄く知りたい!知らないことに凄く興味を抱く性格からなんだけど、こう言うことってなかなか聞けないものですね。気分悪くしちゃったらどうしよう?とか色々思ってしまうのかも?
これが生死に関わる病気だったら、私は絶対に妥協しないと思う・・・わかるまで聞く、きっと。 

今回は自分流に初体験の骨折と向き合ってるって感じです。
初めての骨折ってものに凄く興味があるのは確かだけど、根掘り葉掘りは聞けません・・・
だから初リハビリも自己流にある意味、面白がって取り組んでいます。
痛いのはいただけないけどね(^_-)-☆
リハビリに失敗しないで、上手にすくすく元気になるといいなぁ~!!
でもどんな病気も、修理工場に持っていって直してもらうんじゃないんだからね。
自分で病気の相手を知って、自分で治すっていう気が無いといけません(>_<)
私の腕だって、誰かが治してくれるわけないんだもの、
自分が自分の意思で動かすしかないんだから・・ね?

整形受診 No8

今日は、いいお天気・・・・
右手にバッグをぶら下げ(持ち、ではないところにレベルがわかる・・)
のたくたと歩いて整形外科に行きました。
PTさんはお休みということで、温っためた後、Drの診察。
電車の中で、心得のある女の子に手を出して、手をひねり上げられたおじさん、 
あるいは柔道初段のバイトのお兄さんに見つかり、手をひねり上げられた万引き・・
の如く、手をひねり上げられ「後はひねりだな・・・」とDr。
次に行ってしまいました。
「どうすりゃいいの~?」

でも頭があるんだから、後は自分で考えなきゃ~・・!!
上げればいいのよ、手を!
手が普通に上がるようにすればいいの・・・頑張って。
つまりそういうことなんだとわかりました。
ま、自分なりに
  右と左手どう違うか?
  どうやったら同じように動くか?
  又、どういう点が作業する点で問題なのか?
チョット痛いくらいのところまで、エクササイズしてきて、少~しずつだけど、動いてきました。
だから、後は・・要は元通りになればいいんですよ!!
思い描くように・・・
左手で高く上げたボールを右手で思い切り相手方のコートにサーブを打ち込む
あるいは、思いっきり前に出てネット間際で相手方にボレーを打ち込む!!
それができる様になりゃいいんです。
後はがんばれ!!
と、こういうことですよ!
   Kukonatsu Fight!!  

整形受診 No7

昨日行くはずだった整形外科。
混んでたので今日に延期したら、停電。
でも明日も荒れ模様だというし、
いつもより早めに夫が帰ってきたので、送ってもらって夕方行ってきました。

スタッフが少ないようで、とても忙しそう・・・・
今日は仕事が終わると「あぁ~疲れたぁ~!」と思わず言ってしまう日だろうな・・・(自分の経験上)

レントゲンを撮るかと思ったけれど、それはなく
Drに運動の方法を教わりました。
べッドにうつぶせになって、重りもってぶらぶらと・・・(Dr自ら見本を示す・・)
お話の主旨は「肩の関節甘やかしたんだから(そのつもりはなかったんですけど・・)ゆっくり動かす」
ということのようです。

「肩が外れたようだ・・」「骨がまた離れた?」という消極的かつ切実な訴えは
軽くいなされ、一蹴され
一生懸命!リハビリをやるように!ということのようです。

整形受診 No6

一通り、朝仕事をして、いざ出発!今日こそ整形受診だ!
風が強いから、ダウンのロングコートを引っ掛け、かろうじて合わさる前で1ッ個ボタンをとめる。
・・・・・・・・あの日、ぶら下がる腕が揺れると痛いので時々止まりながら
        ゆっくろゆっくり歩いたなぁ~・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
等と感慨にふけりながら整形に到着。

「あれっ?駐車場が空いてる・・・!」
「今日は大丈夫かも?」と期待を込めて待つこと15分くらいで今日は呼ばれました。

カルテを見て、ギプスをはずしたDrは、あちこち押したり揺らさせたりして
「よし、リハビリだな・・」と言ってどこかに行ってしまいました。
まだ4週間目だし、正確に一ヶ月後と言ったら1月10日だし
半分以上、又ギプスをして帰るつもりでした・・
だから、半信半疑。

それから、リハビリ室で患部を暖めて、PTさんにこれから何をしたら言いか説明を受けて
帰ってきました、はずしたギプスはビニール袋に入れてぶら下げて・・・

帰る頃には、青空は消えて小雪が待っていました。
あんなに「取ってよ!この亀の甲羅みたいなの!」と
言っては困らせていたのに、甲羅を取られた亀のような心境・・
チョット心細いような、頼りないような。軽過ぎるよぉ。

何はともあれ、骨折日記の重要な一里塚に到着したみたいです・・ギプス



プロフィール

クコナツ

Author:クコナツ
新潟市在住 主婦
夫と大学生の女の子の3人暮らし
7年前、近郊にぼろいセカンドハウスを買い、週末は夫と共にその整備をしています。
趣味=テニス・家事・園芸
2009/12/10上腕部を骨折した事をきっかけにブログを始めました。
骨折は治りましたが、あたふた暮らしています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

道のり

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード