FC2ブログ
   
08
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

おじさん

私の前を車で行くおじさん。
信号の赤で止まり、青になった途端猛ダッシュ
20200417195524b8d.jpeg


ところがおじさんが次の信号で停められているところに
私が追いつく。
青になるとまたまた猛ダッシュ。

また次の信号で追いつく。
また青になって猛ダッシュ。

いくらなんでもこれを4回繰り返すと
お互い意識するよねぇ。

私も追いかけるの嫌になった・・・・

そして山道に入り、前方を行く姿がみえなくなり
山道には信号もないし
よかったよかったと思っていたら。

おじさん先頭をゆっくり走る大型トラックに先導されて
またまた私のすぐ前になった。
イライラしているのが、手に取るようにわかる。
追い越したくてうずうずしていたが
あいにく追い越し禁止区間。
みんなでゆっくりゆっくり峠を越しました。
こうなると「いい気味だ!」と捨て台詞を吐く私。

とうとう麓まで一緒に走りました。
私たち縁があるのかも?ね?

これ、なぁんだ?

これ何だかわかりますか?
IMG_7719_202004131518239a3.jpg

正解は?
      ガマの穂綿です!

私の母は人前では絶対に歌を歌わず
仲人さんをした時に
どちらかの親御さんに執拗に歌うよう迫られたけど
適当にあしらい
とうとう歌わなかったと父が妙に感心してたくらいです。
ところが私ら子供の前では
気持ち良さそうによく歌を歌っていました。
洗い物しながら、洗濯しながら(当時は手洗いだからね)・・・。
その中で童謡がストーリーになっている歌があって
(若い人は知らないでしょうね)
例えば「ももたろう」の歌とか。

母がよく歌うそう言う童謡の中に
「大黒様」の歌があって
幼な心にとっても印象的だったのが
皮を剥がれたうさぎが大黒様に
ガマの穂ワタにくるまればいいと教わり
赤裸になったうさぎが、たちまち良くなったというくだりなのです。

小さい頃、そのガマの穂綿がわからなくて
なんのことだろう?と不思議でした。

大きくなってガマという植物の穂にワタができると知り
見たくてたまらなかったのですが
今のカントリーハウスの山奥に
たくさんあった時は感動しました。

確かにワタのようなものが先端に出来
それが飛んで増える仕組みらしいね。
こうなる前は、茶色いマイクロホンの様な形です。
    IMG_7718.jpg
    このガマの穂を見ると
    「うさぎは元の白ウサギ♫」と歌っていた母の声を思い出します。
ちなみにガマの穂は
生花にも使われているのを見たことがあります。

大黒様の歌・・・・知っている人は相当な年配の人でしょうな、きっと。

布団乾燥機

梅雨時の湿気取りやダニ対策のために
「布団乾燥機」を愛用しています。

寒い夜の寝る前にちょっとスイッチを入れておいたら
布団がふかふかで快適に眠れます。
今朝も寒いのでちょっと足元を暖めて
二度寝。
2020033004592381d.jpeg

これイイよ。

お勧めです。

空気清浄

カントリーハウスの夜
空気がひんやりして、冷たい。
この上なく、澄んでいます。
コロナウィルスとは無縁だわ。
人が来ないもの。
ここであるもの食べて過ごしていたら感染せずに
終息までいけそう。

20200328214052033.jpeg

都会の人は大変だなぁ。

きのこ

八百屋でポイポイとカゴにきのこを入れて
ささっと帰ってきてふと見たら
全部地元のものだった。
IMG_7243_2020031716212719c.jpg
しめじ・しいたけ・えのき・なめこ・舞茸
そしてその八百屋(本業は農家)の作っている菜っ葉。

どれも地元農協の名前がある。
IMG_7244_20200317162300032.jpg
きのこ類はヘルシーだし、食物繊維がたっぷりだから
健康にもいい。
せいぜい使おうと思う今日この頃です。

プロフィール

クコナツ

Author:クコナツ
新潟市在住 主婦
夫との2人暮らし
10年前、近郊にぼろいセカンドハウスを買い、週末は夫と共にその整備をしています。
趣味=テニス・家事・園芸
2009/12/10上腕部を骨折した事をきっかけにブログを始めました。
骨折は治りましたが、あたふた暮らしています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

道のり

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも一覧


自然治療法医の子育て 思わずにっこり!パラダイス日記

姫っちのお庭

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード