10
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

末永く・・・・

昨日は息子の結婚式。

今日、帰宅しました。

とてもあたたかで和やかないい結婚式でした。

友達や同僚の方たちに囲まれた息子たち二人を見て

人々に愛されて暮らしているんだと

心からホッとしました。

末永く幸せであるように・・・・・・・・・・・IMG_0224.jpg

     幸せそうな写真がいっぱいあるのですが

     顔をぼやかす術がわからず
 
     やむを得ず断念(>_<)

素敵な花嫁さんの様子を少しでもお伝えできればなと思えど

今は眠くてそれどころじゃありません(>_<)(>_<)

明日考えよっと!
IMG_0196.jpg

 
とりあえず着物を干して

小物を洗って

花のお世話をして

今日はおしまいだな・・・・・・

あぁ~!疲れた・・・・・・・・

IMG_4836.jpg

     IMG_4837.jpg

実は私、この結婚式の花嫁のブライダルブーケを頼まれて

ど素人のくせに、大胆にも引き受けたのですが

大苦戦したのですよ。

その様子はまた後でするとして

今日は息子のブートニア(胸に飾るやつ)をひとつ持ち帰ったので

それを解体し、1日(いや2日だな!)頑張ったブートニアのバラとアイビーの水揚げをしました。

しおれたバラには咲き切ってもらい

アイビーは挿し木にして

息子たちにプレゼントできたらいいなと思って。

うまく蘇って発根していくれるといいのですが・・・・・・・・・・・・・

IMG_4834.jpg

    IMG_4835.jpg

とりあえず私、寝ます。
スポンサーサイト

「大丈夫、君ならできる。」

私が小学校5年生の時
音楽の先生のご指名で
お昼休みの校内放送で
クラシックの名曲を紹介する番組のディスクジョッキーみたいなことをやりました。

「作曲家○○の生まれた国はどんなところなんですか?」とか
「この曲はどんなときに作られたんですか?」とか
先生に聞くと先生が答えるという形式で
音楽の先生の教育目的が見え見えの放送です。
シナリオは先生が書いてアタフタと当日持ってきて
直前に目を通して、ほぼぶっつけ本番。
だから給食を放送室に持って行って
終わるとそこで食べて、教室に帰るという流れ。

私はお昼休みに友達と遊びたかったし
おしゃべりしたかったし
前例のないそんなことできないと思って
「できません」と断りました。
そうしたら先生が言ったのです。
「大丈夫!君ならできる!」

今までやったことのない校内放送の形(当時は・・・)
知らず知らずに
「どこかで聞いたことのあるクラシックのことがわかる」という内容も相まって
番組は好評で、半年以上続きました。
毎週1回でしたけど・・・・・・・・・

だんだん要領も覚えて、アドリブもできるようになったりして。(^^ゞ
そのうちすっかり放送にも慣れて、水曜日(放送日)が怖くなくなりました。

あれ以来、何か不安なこと、できそうもないことが自分に降りかかると
私は自分に言うようになりました・・・・
  「大丈夫!君ならできる!・・・・・・・」
不思議とそれは自分を奮い立たせ
なんとかなるもんだと思えるようになりました。
実際何とかなるもんだったし・・・・・・・

だから、子供達、そしてその子供たち・・・に伝えたい。
事あることに自分にそして子供に言ってやって欲しい。

   「大丈夫だよ、きっと君ならできる・・・・・・・」
不思議と勇気が出る言葉です。
私からのプレゼントです。


縮IMG_5972

荷物を出す・・・

明日は息子の誕生日
もう社会人なんだから、衣類やモノは自分の好きなものを買うだろうし
これといって、誕生日プレゼントらしいものはもう贈りません。

その代わり、美味しい新潟米、柿の種、ビール、お菓子等々
生活支援物資を入れて発送しました。

私が学生の頃
母が送ってくれたように、あれやこれやと詰めながら
優しかった父や母を思い出しています。

image1_20150716174927b5c.jpg

荷物を出すついでに
通販の支払い伝票を持って郵便局へ・・と思ったら
これは手数料がかからず
コンビニにでも大丈夫と書いてあるのを思い出しました。

この伝票を私は郵便局用に切ってしまっていました。
でも郵便局の駐車場が狭いので
広い駐車場のあるコンビニにとりあえず行ってみることにしました。

そしてレジで「伝票を切ってしまったんだけど、ここで払えますか?」と聞くと
バイトの兄ちゃんが
「本来こうなっていたものなんですね?いいですよ」と言って
受け付けてくれました。
よかった~!手間が省けたわぁ~と喜んで
思い出したのが
あの郵便局の「機械嬢」です。
きっと彼女なら、
  「一旦切ってしまったものはお取扱いできないことになっております」なぁ~んて言いそうだぞ。
すぐに彼女のことを思い浮かべました。
     (@^▽^@)ハハハ
これに限らず、世の中のことってすべからく
杓子定規、機械のようになってきていて
昔は何事もファジーだったなぁなんて思っています。
   まぁまぁいいか・・・
  いいってことにしよう。
  臨機応変に。

こんな場面が至るところにあったような・・・・
それが全ていいとは言わないけれど、人間の情みたいなものが減ってきているのが悲しく寂しい。
そういえばリフォームの請求額を何円単位で請求されたこともそうだった・・・
わずか数十円をおまけすることが
次の仕事につながるかもしれないってことがわからない・・・・

私の子供たちには、そんな機械人間にだけはなって欲しくないなぁ~。
人間は機械じゃない!
機械じゃないから心でつながれるんだよね。
心あふれる人間になって欲しいなぁ~。

GWもおしまい(;_;)

日ごろ仕事が忙しいらしい息子が帰省
指折り数えて来る日を待っていた娘は
途中、予定外の(想定はしていたけど(^^ゞ)友達との誘いに
しぶしぶ、送り出したけど
IMG_7427.jpg
後はずっとべったり・・・・
買い物に行ったり、食事に行ったり、ゲームしたり、おしゃべりしたり
一緒に過ごしました。

いよいよ今日は帰る日。
これも仕方がありません。(;_;)
また会えるさ!娘よ、元気出してね!
IMG_7451_20150506121656f66.jpg


私はと言えば、客用布団を朝から干して
シーツや枕カバーを洗い
盛大にお片づけ・・
こうして私のGWが終わります。
IMG_7453_20150506121715730.jpg

自分へのご褒美にステキなネックレス買おうかな?
あっ!
いけない!
モノは増やさない!だった(^-^)/

息子からの便り

3年前に就職して上京した息子からLineが来ました。
 「春になると、お母さんとここを歩いたのを思い出します」・・・・
image1.jpg

ううう(;_;)

懐かしいなぁ~・・
入社式を前に、マンションに行き、見合う家財道具や最低限の家電製品を買って
近くの商店街を歩いたのでした。
スーパーの場所やちょっとした軽食屋さんなど確認して
大きな陸橋から見る満開の桜を見て

「あぁ!この街で暮らしていくんだなぁ」と思ったことを思い出します。
IMG_7621_20150407102750cd7.jpg

あの時写した同じ商店街の写真がこれ↓
IMG_7623_20150407102905ce7.jpg

一人前になって
お給料もらって、一人で生きていけるようにすれば
取り敢えず親としては一段落
ホッとすると同時に、真から寂しい気持ちを抑えきれない。
「元気でいてください。」なって言われると
ふと涙ぐんでしまう。

先週はこんなふうに満開だったという東京の桜
image2.jpg

新潟はこれからです。
遅い春です。
息子よ!離れて暮らしていても、いつも思っているよ。
疲れたら帰っておいで!
ゆっくり眠りに帰っておいで。

・・・・・・・・・・・・・・

春ってどことなく寂しいんですよねぇ~

プロフィール

クコナツ

Author:クコナツ
新潟市在住 主婦
夫と大学生の女の子の3人暮らし
7年前、近郊にぼろいセカンドハウスを買い、週末は夫と共にその整備をしています。
趣味=テニス・家事・園芸
2009/12/10上腕部を骨折した事をきっかけにブログを始めました。
骨折は治りましたが、あたふた暮らしています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

道のり

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも一覧


自然治療法医の子育て 思わずにっこり!パラダイス日記

日伊ミックス 生活日記★

姫っちのお庭

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード