10
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

いざ、信州松本へ!⑧

今回の宿・・・

全くの予備知識もなく、とりあえず泊まれればいい
ビジネスホテルでもいいという感じだったので
期待せず、評価せずっていう感じでした。

条件は、ただ市内に近いことっていうくらいかな?

で、今回の宿は
私たちが最近よく行く、こじんまりとした(団体さんは入れない)大きさの
家庭的な宿とは、正反対
かつて団体旅行が一般的だった頃には、さぞや大賑わいだったろうという感じの宿でした。

広くて豪華な感じで、大広間があって・・・・みたいな。

食事もそこそこだったし
夫は「どこも(小さい宿と変わらないという意味)おんなじようなもんだろ」と言ってましたが
そう言われればそうなんだけど

どこか、何か違う。
な~んか違うんだな、好みとは・・・・。
IMG_9130.jpg

    IMG_9129_2017101822053162f.jpg

          
IMG_9118_201710182208373af.jpg

ただ一番印象に残ったのは・・・これ↓
    IMG_9106_20171018220934fcf.jpg
 浴室の床です。

    IMG_9112.jpg

IMG_9113_201710182210399a3.jpg


「あれって、十和田石じゃない?」
出てきてすぐに夫に言うと
「そうだね!」と得意そう。
そうです、カントリーハウスの浴室の床に採用されたのが十和田石
夫が秋田県の大館市にある唯一の取扱店から直接取り寄せたものなのです。
と言ったって何枚でもないんだけどね(´∀`*)

前にTV番組で日本の職人さんっていう番組に取り上げられたのを見たけど
箱根や伊豆の旅館でもたくさん使われているんですって。
「わぁ、おんなじところから来たんだねぇ」としげしげと見てしまいました。

水に濡れると綺麗な緑色になるきれいな石です。
 これ↓カントリーハウスの浴室です。
 IMG_4512.jpg
うんうん、おんなじだヽ(*´∀`)ノ


余談ですが、どこの温泉地でも
団体さん向けの大型旅館は軒並み廃業してる。
私も団体さんの一人として、何度も利用したことがあるけど
宴会料理なんて、ほとんど食べず、ひたすら飲んで、騒いで、酔っ払って、寝て
翌日はバスで観光というパターンだった。
料理の内容なんてどうでもよくって
ほとんど手をつけない輩もいた。

宿はその時のような対応をしていては、今の時代を生き残れない。
多様なニーズに応える工夫がないと・・・・
この旅館も心意気は伝わってきたけど、施設が大きくて
今までの調理場のやり方ってなかなか変えられないから
大変は大変だろうなって思いました。

でも、急に決めて予約した割には良かった・・と思う。
家庭的なサービスや料理の味や温泉の雰囲気を味わうだったら
もっと時間をかけて選ぶべきねって感じでした。

いきなり結構した秋の旅
とっても充実したいい旅でした。

長野では長年の友人にも会えて、直におしゃべりも出来たし
気のおけない友達たちと会えた、心がほっこりする旅でした、おしまい。

スポンサーサイト

いざ、信州松本へ!⑦

<松本観光>
せっかく松本まで行ったんだもの・・・
観光もしなくちゃね。

到着した日には、定番の松本城にも行きました。
いつも美人さんだねぇ、松本城は!
image1_20171017215258706.jpg

    IMG_9094_20171017215410ab0.jpg

今回、良かったなと思ったのは旧制松本高校の校舎
大好きな北杜夫ゆかりのってのもあるけど
私の出身高校の校舎にそっくりだったんです。
IMG_4417_201710172156259c5.jpg

   玄関も・・・
  IMG_4429.jpg
教室も・・・
IMG_4450_201710172157369ac.jpg

      校長室も
      IMG_4442_201710172158174db.jpg

階段もそっくり・・・・
IMG_4446_20171017215848b5e.jpg

  特に窓なんか
  IMG_4453_20171017215940f21.jpg
  開けるときは上に上げる式で
  木枠なもんだから、がたがたして・・
  今も思い出します。
  私の高校も旧制中学の校舎だったので
  同じ時代のものだったのかも?
  古くて、支障があるというので取り壊されちゃったけど
  残しておけばきっと文化財になったのに・・・・・
友達と一緒に外を眺めて深刻な恋の話を聞いたのは
昨日のことのようだわ~・・・・(遠い目)

窓の外は
IMG_4459_20171017220215a17.jpg
私の学校は、池があってたくさんの紫陽花がありました。
それで私は今も紫陽花をたくさん育てているのです。

IMG_4424_20171017220324aa9.jpg

   IMG_4425_20171017220402925.jpg

ここには大きな大きな「ヒマラヤスギ」が植えてあって
大きな実がなっていました。
杉とは言えど、これは松の仲間なので松ぼっくりでしょうけど
とにかくでかい。
IMG_4423_201710172206174a6.jpg

新潟にもあちこちに植えられているので
もう少ししたら、実を集めてリースつくろうかな?

帰る時は名残惜しかったけど、また来ればいいよね~!
IMG_4461.jpg

これにて松本観光はおしまい。

お土産はこの松ぼっくりと
  縄手通りで買った小さなフタ付きの小鉢と
     おっちゃん作の花入れ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・のみ
IMG_4468.jpg

   IMG_4466_20171017221110379.jpg



いざ、信州松本へ!⑥

<(肝心の)クラフトピクニック>編
 あがたの森はとても広くてのびのびしたところ。
お天気が良かったらさぞ、気持ちが良かったろうなぁ~。

振り返ってみれば、もっといろいろうやってみれば良かったような気もするけど
いいの
目的はそれじゃなかったんだから。
こんな感じでしたよ。
IMG_4399_20171017190005aea.jpg

   IMG_4400_201710171900326fc.jpg

木工細工が多かったかな?
IMG_4405_20171017190140d7b.jpg

  
IMG_4409_201710171902424a8.jpg

    IMG_4404_20171017190216388.jpg

コーヒーの焙煎もやってました。
IMG_4412_20171017190353928.jpg

松本はクラフトが盛んなんだな・・・・。

いざ、信州松本へ!⑤


<(肝心の)ワークショップ>編
さて感動の初対面を済ますと
今度は、他のお客さんの邪魔はしてはいけないと気が気でない私。
夫を急かして、「何でもいいから、早くさせてもらいなさいよ」の心理状態、

しかしさすが、歳いった(?)中年男性二人は
和やかに、穏やかに、何やるかさっさと決めて
速やかに何か始めました。

私はといえば、おそのさんと
短い時間によりたくさんの世間話をせねばと
大急ぎの早口でおしゃべりに余念がありません。

まるでずっと毎日会ってた友達みたいにおしゃべりをし
はたと気が付いて
我々女性二人なんか全く意に止めない、男性二人の真剣な写真を撮りました。

何でもガス切断と鉄の溶接か何かしてたみたいだなぁ。
IMG_0004_20171016155623ca7.jpg

    IMG_0017_201710161557189aa.jpg

IMG_0018_20171016155747f4c.jpg

私はなんでもやってみたがり屋なので
ホントはやってみたいけど
硬いもの、強いもの、火や大きな音には弱いので
人を押しのけてまでやるつもりはありません。

   <余談>
     佐渡の牡蠣祭りに行ったとき
     「牡蠣の殻むき経験やってみたい人~?」と言われて
     「は~い」と手を挙げて
     一生懸命やってたら
     地元のケーブルテレビに出てた!という経験アリ。 

こうして、他の本物のお客さんの迷惑にならないか
気にしながらも、貴重な体験もしっかりやって
・・・お別れの時が来ました。

名残惜しかったけど、仕方がありません、2日間のイベントはまだ始まったばかりなのです。
私たちに付き合ってばかりはいられません。

でも、記念の3人の写真の笑顔を見れば
どんなに私が嬉しかったかわかります。
写真を大きくできないのが残念です。
  (*私はぼやかす術がない(´;ω;`))
   IMG_4397_20171016155829c98.jpg

お土産にお手製のカマを頂いちゃいました。
さすが鍛冶屋さんのカマは、プロ仕様。
100均のカマとは全然違いました。(*´∀`*)
IMG_4469_201710171856006d9.jpg

              松本への旅  つづく

いざ、信州松本へ!④

<感動の初対面>編
さて、夫の思惑通り(結局その通りになったんだから、すご~い!)
公園内の駐車場に車を入れることに成功し
公園内に入りました。
       既にドキドキ♪───O(≧∇≦)O────♪

あいにくお天気は「曇り」でしたが、雨は降っていなくてほっ!としました。
    <余談>
      当日のお天気は雨さえ降らなきゃいいやと
      思っていて、それよりどんよりした空を見て
      今日は山登りをしている友達を心配してました・・・
      寒いだろうなぁ~高い山は・・・って。
      そんなあいにくな秋の日でした。

私は他のブースなんか、全く目に入らず
しおりに書いてある配置図の「H」はどこだ、どこだ?と気もそぞろ

入り口から一番遠いとこだと思ったら
一番近いところだった。
すごく遠回りして反対側から歩いてました。

やっと探し当てた見覚えのある(以前のブログで見た・・・)テント。

「あ!ここだ!」
しか~し、いない、人がいない。キョロキョロ(((‥ )( ‥)))

朝ごはん、食べに行ったのかなぁ?・・・と
お隣のブースの方に聞く。
 「どこに行かれたんでしょうねぇ・・・(つд⊂)」
すると、その方がじっと私を見て
 [kukonatsuさん?」と一言。
えぇぇぇ~!
 「おっちゃ~ん?!」。゚(゚^∀^゚)σ。゚

感動の再会、いや初対面です。
ずっと前からの友達だし、電話でお話したこともあるので
会ったことがないなんて気がしないのですが
正真正銘の初のご対面・・・・

嬉しかったなぁ~。

落ち着いたところで
「おそのさんは?」と聞くと
「あっちにいるはずなんだけど・・・」って。

あ!きっとあの人だ。
確かに、魔女の宅急便のおそのさんに雰囲気が似た方がいらっしゃいました。
もう、確信を持って
遠くから「おそのさ~ん!おそのさ~ん!」と恥ずかしげもなく、呼ぶ。
でも最初はわからなかったみたい、怪訝そうな様子でしたが
すぐにわかってくれました。
そこからはもう感動の初対面です。
すごく喜んでくれたので、涙が出そうだった。
嬉しかったなぁ~・・・。
昔、よく中学生の頃から何十年もペンフレンドだった人と
大人になって、初めて会った時の話ってよく聞いたけど
きっと、こんななんだろうなぁ~。

会ったことないけど、親友に初めて会った時みたいな・・・。

夫もおそのさんと昔からの友達みたいに話してる・・・・ヽ(´Д`;)ノ
image1 (1)

 

プロフィール

クコナツ

Author:クコナツ
新潟市在住 主婦
夫と大学生の女の子の3人暮らし
7年前、近郊にぼろいセカンドハウスを買い、週末は夫と共にその整備をしています。
趣味=テニス・家事・園芸
2009/12/10上腕部を骨折した事をきっかけにブログを始めました。
骨折は治りましたが、あたふた暮らしています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

道のり

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも一覧


自然治療法医の子育て 思わずにっこり!パラダイス日記

日伊ミックス 生活日記★

姫っちのお庭

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード