FC2ブログ
   
04
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

行ってくるよ!

夫は朝出勤にやたら時間がかかります。
赤ちゃんと離れがたいのです。
 思わず言っちゃいました。
「連れてけば?」

20210408103208e1c.jpeg


声が聞きえてきそうです。
「可愛いなぁ」って。

2021040810330888e.jpeg


我々(私と娘)も早く帰ってきて欲しいです。
貴重な抱っこ要員。
ずっと抱いててくれるので
夕食の支度時には
大助かりなもんでして。
スポンサーサイト



フリージャ―の思い出

黄色いフリージャ―には特別の思いがあります。
あの頃結構大勢にその逸話を話したので
知る人ぞ知るの思い出なんですが
初めての子供を産んだ時のことです。

雪深い魚沼の町立病院の2月のことでした。
今のようにすぐに連絡のとれる時代ではなかったから
夫は私の実家と家との間を行ったり来たり・・・。

ようやく生まれたという知らせを受けた夫は
一般道を駆けつける途中
花やでありったけのフリージャー(私が一番好きな花だったから)を買い占め
病室にもってきてくれました。
田舎でもあるし
時代も時代だったから
部屋には毎日大勢、見舞客が訪れ
かつ真冬の田舎で花を見舞いに持ってくる人はいません。

くる人くる人 「おぉ、いい匂いだのぉ!」
        「春見てぇだ」と歓声を上げ
病人の部屋ではないから余計に、華やかな雰囲気になったものでした。

数年は毎年、もらったような気もしますが
それ以降はとんと忘れ
今に至ります。

それがこの度の「愛する娘」の出産に当たって
夫は思い出したらしく
花屋に掛け合って、たくさんのフリージャーをゲットしてきました。
時期が遅く市場から仕入れてもらったようです。
さすが娘の為なら何でもする!って感じ。

IMG_7387_20210319160344039.jpg

    IMG_7388_202103191604084b2.jpg
 
  花瓶もその時のモノです・
  IMG_7390_202103191605226d7.jpg


娘が喜んでくれたかは不明ですが
私は遠い遠い過去のあの部屋のあの匂いを
ほんの少しだけど思い出した事件でした・・・

ガスレンジ交換プロジェクト

この家の水回りのリフォームをしてもう10年以上になります。
その時
取り付けの業者の方に
「ま、10年もったらいいってことで
交換の目途と思ってた方がいいですよ」と言われました。

その10年をとっくに過ぎて
さすがに、バーナーのところとか傷んできました。
替え時かな?と思って、業者に頼もうと思ったら
夫がカントリーハウスの台所を自分でやった経験から
器具の取り付けはできるというので
恐る恐る依頼することにしました。
もちろんできないこともありますが・・・・

まず引き出しを出して・・・
IMG_6944_20210121165817b49.jpg

    IMG_6945_20210121165901df2.jpg
慣れたもんです。
IMG_6946_202101211659246c4.jpg

     IMG_6950_202101211659530ee.jpg

IMG_6951_2021012117001441f.jpg

試運転はまだです・・・・。


でも10年以上毎日のように、よく使ったなぁ~!
長い間、ご苦労様!

  私に取っては無くてはならない相棒でした。


無事、このプロジェクトが成功するかは、まだわかりません。

タイジョウブ?

夫ときた日には
コロナで正月の帰省者が半分以下なのに
例年のごとく、ブリにタイに牛肉に大量に仕入れてきました。

案の定余りまくり。

ど~するの?

結局、放置してカントリーハウスに行っちゃったので
仕方なく、私が始末しました。
タイだけは、タイそぼろにしましたが
娘は警戒心いっぱいです。
IMG_6896_202101151924141b8.jpg

   IMG_6897_20210115192452ba9.jpg

夫には早々に帰ってきてもらって
食べきっていただきたい!

     タイ茶漬けで~す!
   IMG_6898_20210115192555480.jpg

食べたい一心

例年、栗きんとん担当の息子が
今年はコロナの影響で帰省を断念した為
栗きんとんは無し!というのが、私の決定でした。
が、甘い物好きな夫
食べたい一心で自ら作るといい、「さつまいもある?」「栗の甘露煮は?」と聞いてきました。
「材料はあるよ」とつれない私。
  *私は甘いものを控えるよう
    医師から言われています。

ついに夫はめんどくさいより食べたいが勝ち
作り始めました。

まず茹でたさつまいもに砂糖を入れ
裏漉しします。
IMG_6838_20210102195256197.jpg

    IMG_6842_2021010219535620d.jpg

そこに塩とみりんと栗の甘露煮のシロップを入れ
出来上がり!
IMG_6846_20210102195445f1c.jpg

    IMG_6848_20210102195509504.jpg

大晦日には間に合いませんでしたが
これで黒豆・煮しめ・三色なます、そしてきんとんと
毎年作るものは、だいたい作ったことになりましたね。

こういう年越しもあとどれくらい続くか・・・
我々はもうそんなに食べなくなったし
子供たちもそれぞれの連れ合いと
新しい自分たちの年越しの形を作っていくでしょうからね・・・・
それでいいのです。

いつか夫のきんとん
私のナマスでお正月は終わりという時が来るかも?

プロフィール

クコナツ

Author:クコナツ
新潟市在住 主婦
夫との2人暮らし
10年前、近郊にぼろいセカンドハウスを買い、週末は夫と共にその整備をしています。
趣味=テニス・家事・園芸
2009/12/10上腕部を骨折した事をきっかけにブログを始めました。
骨折は治りましたが、あたふた暮らしています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

道のり

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも一覧


自然治療法医の子育て 思わずにっこり!パラダイス日記

姫っちのお庭

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード