FC2ブログ
   
09
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

美容院ナウ

強い薬
いつも、ずっと痛いというストレス
睡眠不足・栄養不足

髪に悪いことばかりしてた。
お詫びに美容院です。
20200917100624056.jpeg


今日はどんな髪型になるのかな?
美容師さんの気持ち次第です(〃▽〃)。
スポンサーサイト



夏の終わり

カントリーハウスの近所の奥さんが通りかかって
「最近見なかったから、心配してたんだよね。どうしたの?」と聞かれました。

これこれ、しかじかと話した後
「おばあちゃんは?お元気ですか?」
と聞くと
「うちのおばあちゃん、今危篤なの」という
驚きの言葉。

おばあちゃんは私に畑を貸してくれてる
私のブログに時々登場する例のおばあちゃんです。
来年100歳だというのに。

今入院中で、意識ももうないそうです。

なんという事!もう一度会いたかった!

コロナで面会もできないだろうし。
かなりショックです。

心が沈んじゃった。

むか~し、昔。

むか~し、むかし、あるところに1人のおばあさんがいました。
おばあさんは若いころから働きもので
おじいさんと一生懸命働きながら、舅姑に仕え
子どもを育ててきました。
舅姑を見送り、おじいさんが亡くなり
後を継いだ息子と嫁に田畑を任せると
今度は孫たちを含め家族の食事作りに洗濯に
家のことは全部ひとりでまかっておりました。
更に家の周りの草取りや整理整頓はおばあさんの仕事です。
孫が遊んで危なくないように
おばあさんはいつも家事仕事の合間に外で草取りをしていました。
長年の、機械のない時代の田んぼ仕事で
おばあさんの身体はボロボロでした。
腰を曲げたまま、伸ばしても痛い、横になっても痛い。
でも辛抱強いおばあさんはそれを他の人に一言も言ったことはありません。
黙って黙々と、やるべき仕事をやっていました。

草取りの合間に見える青い空。
小鳥の声
丹精込めた花たちがおばあさんの慰めでした。
もう一度言いますが、おばあさんは自分の今を
一言もくどいたことはなかったのです、痛いことだって当たり前だったから。
そうしておばあさんはまじめで働き者の息子と
気立てのいいお嫁さんと
すくすく育つ孫たちを見ながら
彼らの幸せだけを願い
ある日おじいさんの元へ旅立ちました。

その孫がどうなってそのまた孫がどうなったか
誰にもわかりません。

でもこんな風にして人は命をつないできて
私にもまた、たどっていけば、そんなおばあさんに行き当たるのかもしれません。
未来の私を案じてくれている
我慢強いおばあさんがいるかもしれません

ふとそんな気がしました。
人の命は脈々と繋がってここまできているのは確かなのです。

ファミリーヒストリーって番組があるけど
誰にだってヒストリーがある。
誰だって命を受け取り、次につなげる役割を担っている。


今を一生懸命生きなきゃな。
子どもたちや孫たちの健康と幸せを祈るだけでも
立派な仕事じゃない?

病院、行ってきます!

祈りの日

6日に引き続いて、今日は長崎の原爆投下時間に併せて黙祷・・・・・
IMG_9755.jpg
もう75年も経てば
特に若い人たちにはピンと来ないのが戦争。
私だって父や母から聞いた戦時中の話をもうリアルに思い出せなくなっている。
遠い地に落とされた原爆の惨劇を
それも75年も前のことを
ありありと感じるのは難しいのは、仕方の無いことだと思う。

でも自分の子や孫に、これから何が起きるかわからないのは
コロナ騒動で嫌というほど実感するところです。
今年の初めに、今を予想することなど全くできなかったもの。
原爆がまた使われる可能性だったありありなのだ。

今日の私は動けないのもあって、朝から戦争で亡くなった人たちの声を
生き残っと人たちの声を通して聴いている。

そして11時2分
祈った。
戦争のない平和な世界が実現しますように・・・
子供たちが健やかに育つ世界が広がりますように・・・・
IMG_9757_2020080912174820f.jpg



まぁ~それにしても、よくぞあんなに
口から発する言葉に心が感じられない人がいるものだ。
首相の挨拶ほど、怒りを通り越して悲しくなるものは
ないね、いやなくはない、結構ある。
役人の挨拶によく見られる。
言葉は魂なのです、美辞麗句ではない真実心の底からそう思っているコトバは
相手に伝わる。
だから逆にどういう心を持つかが大事なのだ。

私の子供たちよ!
  知らないこと、できないこと
  自らの無能無力を恥じるなかれ。
  問題は正直にそれを相手に伝える勇気
  正直で誠実であることほど強いものはないのだ。
  心に嘘のない言葉は必ず人の胸に届くから。

本当に、式典の首相の言葉は悲しかった。
あれが自国のトップなのだなぁ・・・・・
情けない。  
  

主人のいない庭で

痛くて行けないカントリーハウス、
主人(あるじ)が居なくても、
花たちは頑張って咲いてるらしい。
今、アメリカ芙蓉が花盛りらしい。
202008031534236fb.jpeg


202008031534524cb.jpeg

これを買って、初めて花が咲いた時はびっくりしました。
あまりに花が大きくて、、。
人の顔より大きいです。

プロフィール

クコナツ

Author:クコナツ
新潟市在住 主婦
夫との2人暮らし
10年前、近郊にぼろいセカンドハウスを買い、週末は夫と共にその整備をしています。
趣味=テニス・家事・園芸
2009/12/10上腕部を骨折した事をきっかけにブログを始めました。
骨折は治りましたが、あたふた暮らしています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

道のり

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも一覧


自然治療法医の子育て 思わずにっこり!パラダイス日記

姫っちのお庭

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード